女性ホルモン(エストロゲン)という言葉をご存知ですか?
キレイを維持するために必要なホルモン。スキンケアには大切。
今、美容を維持する成分が不足しがち。

 

理由は数多くありますが、ストレスや食生活、あるいは運動不足など……。
今回は、女性ホルモンが不足するとどうなるのか?様々なポイントを踏まえてご紹介しましょう〜♪

女性ホルモンが低下すると……

食事の栄養が不足するとなんとなく、女性ホルモンが減るような気がしますが、それは正しいです。
特に女性ホルモンは、年を重ねるごとに減少していきますから、定期的な摂取が必要!!

  • 生理の不順
  • 生理痛
  • 自律神経失調症
  • 肌荒れ、ニキビ

女性ホルモンが不足すると、上記のような症状が……!

生理中の弊害

女性には生理がありますが、女性ホルモン分泌の不足はそのまま生理の不順に繋がります。
月経が頻発したり、月経自体が8日以上続くなど、身体のバランスが崩れます。

 

また、生理中に分泌される『プロスタグランジン』というホルモンが過剰に生み出され、
強い、炎症や痛みを発症させます。

月経前症候群

今話題となっている月経前症候群にもなりやすくなります。
頭痛、腰痛、肩こり、便秘、イライラやうつ状態、集中力の低下、やる気の低下など色々な弊害が。

 

適度に運動を習慣的に取り入れたり、音楽を聴き、自律神経を休めることもOK
また、大豆食品を摂取することで、イソフラボンを取り入れ、女性ホルモンの生成を促しましょう。

 

自律神経の乱れ、あるいは肌トラブル

ホルモンバランスが崩れると、自律神経をコントロールすることが難しくなります。
うつ症状だけでなく、めまい、倦怠感、ふらつき、不眠、頭痛。
このような症状が現れます。

 

ニキビや、肌荒れといった肌トラブルも起こりやすくなり、
肌トラブルを誘発する男性ホルモンが過剰に分泌されやすくなります。

まとめ

今回は女性ホルモンが不足するとどうなるのか?原因と仕組みについて紹介しました。
要はボディケアをして、リラックスした環境づくりが大切。
無理をせず、今回の記事を参考に徹底した対策を立てましょう!!