PMSの原因

PMSの原因ははっきりとはわかっていませんが、排卵後に訪れる黄体期に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動でホルモンバランスが崩れることが関わっていると考えられています。
基礎体温と月経周期と女性ホルモンの分泌は微妙に作用し合っています。
月経が始まるとエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は減少していきます。
PMS発症時期には基礎体温は高温期である場合が多いので、身体の状態がPMSかどうかを知る目安になります。

PMSの対処法

それではPMSになったらどう対処すればよいでしょうか。
バランスのとれた食事をする、というのがまず基本です。
食事のとり方に問題があるとPMSの症状を悪化させる可能性があります。
大豆に含まれるイソフラボンもPMSの軽減に働きかけるといわれています。
大豆イソフラボンを取ることでセロトニンの濃度が上昇するからです。
セロトニンは生理前には減少してしまうものなので、それを防ぐことができるのです。
栄養素の中でもビタミンを取ることで、美肌を作るなどの美容だけではなくPMSの影響での肌荒れやニキビなどの身体的症状を緩和させることになります。

リラックスすること

リラックスできる環境を作り出すのもポイントです。
ゆったりした音楽を聴いてくつろいだり、自律神経を整えることはPMSの精神面の落ち込みやイライラに働きかけます。
ストレスを解消するために趣味を充実させて気持ちを安定させるのも大切です。
自分の精神状態をチェックしてPMSかどうかを見極めるのもケアのひとつです。

 

運動と栄養

週三回の有酸素運動を習慣にするのも健康的にPMSを緩和させる秘訣です。
無理なダイエットではなく、コレステロールを減少させることも、直接の要素ではありませんがカラダに働きかけてくれます。

 

またサプリメントもPMSを和らげるのに効果的です。
たとえば、月見草オイルやγリノレン酸、チェストツリーなどの成分は特にPMSに働きかけてくれるとされています。
PMSとひとことでいってもその症状は人それぞれです。
まずは生理前のその症状がPMSであるかどうかを知ることが大切です。