月経周期のホルモンの作用

月経周期のカラダの変化には主としてホルモンの作用によって起こり、卵巣や子宮内膜に変化が生じます。
女性ホルモンとよばれるのは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類です。
このバランスが崩れるとPMS(月経前症候群)の原因となります。
エストロゲンは美容ホルモンとしても知られています。
角質層の水分を保ち美肌にしてくれる効果や、コラーゲンを合成しスキンケアの助けとなる効果があります。
ただエストロゲン過剰はPMS、偏頭痛、前更年期障害の原因であるという説もあります。

PMSにはリラックスが大事

PMSの緩和にはリラックスがとても大事です。
オーガニックの好きな香りを生活に取りいれるのもひとつの方法です。
オイルを専用ポットにたらし、電気やキャンドルで香りをかいでみましょう。
オイルのレシピの一例としてゼラニウムとマンダリンがあります。
共に抗うつや鎮静作用があり、自律神経を整えてくれる働きをもっています。
香りは個人で好みもあるのでお気に入りのものを探してみましょう。

軽い運動も効果的

気分を変えて、ストレッチやヨガ、ウォーキングなど軽い運動で気持ちに変化を持たせましょう。
運動でストレスがかかるようでは逆効果です。
毎日少しずつ無理なくプログラムを組みます。
軽い運動をしてみると、案外気分転換になり代謝をうながすことにもなって、PMSが軽減することがあるのです。

規則正しい生活で気持ちをケア

薬やサプリなども効果がある場合もありますが、まずは心の改革から始めるのも大切です。
PMSは治らないなど、そういう考え方を捨て、私は健康だと思うようにします。
ポジティブに暮らすことで、健康になっている自分を意識して、自分の気持ちに寄り添って、休むときにhあ
休みます。
毎日なるべく決まった時間に起きて、食事の栄養が偏り過ぎないように規則正しい生活をするように心がけましょう。