女性ホルモンとバランス

美容だけではなく健康にも大きな関わりを持つのが女性ホルモンです。
このホルモンが乱れるとさまざまな不調を引き起こします。
女性の身体は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンが大きく関わっています。
排卵後に起こるホルモンバランスの変化によって頭痛、肩こり、腰痛、便秘、イライラ、など精神的症状や身体的症状に不調が起こることがあります。
これがPMS(月経前症候群)です。
基礎体温をチェックすることでPMSの時期を予測することが可能です。

女性ホルモンの分泌量をアップさせる食べ物

身体の中から健康的に体調を整え、若返り美肌を作りキレイになるのに必要なのが女性ホルモンです。
食べ物で女性ホルモンバランスを整えることができる方法をご紹介します。

 

1. 豆腐や納豆、豆乳などの食べ物には大豆イソフラボンが多く含まれています。
この大豆イソフラボンは女性ホルモンとかなり似た働きをすると言われています。
摂取することを習慣にしましょう。

 

2. アーモンド、モロヘイヤ、かぼちゃ、アボガド、大根の葉などの食べ物に多く含まれているビタミンEは老化を防ぐビタミンと呼ばれています。
女性ホルモンを作る卵巣を元気にするビタミンでもあるので積極的に摂取しましょう。

 

3. マグロの赤身には女性ホルモンの代謝に必要なビタミンB6が豊富に含まれています。
ほとんどの魚にビタミンB6が含まれているので積極的に食べるようにしましょう。
ビタミン6はバナナにも多く含まれています。
繊維質の多いバナナをたべることでスキンケアへの効果もあがります。

 

4. 卵は良質なコレステロールを含む食べ物です。
コレステロールは女性ホルモンを作る材料になります。

最後に

食事に気をつけると同時に、リラックスして自律神経を整え、ストレスを解消することが大切です。
音楽を聴いたり、趣味にのんびりと時間を費やしたり、気持ちをケアしてあげましょう。
症状を和らげるための良習慣を身に着けてゆったりと深呼吸することが大事です。