女性にとって、人生の1番のイベントは何でしょうか?
結婚という答えもありますが、妊娠や出産ではありませんか?
今回は妊娠・出産とホルモンの関係を徹底紹介しちゃいます。

そもそも女性ホルモンの役割とは?

そもそも女性ホルモンの役割を知っていますか?
柔らかいボディラインを形成するだけでなく、美容・肌荒・髪質の改善など、多くの効果がアリ!
重要な成分ですから、日常的にうまく分泌させたいもの。
それだけでなく、妊娠・出産を司る大切なホルモンでもあります。

まずは女性ホルモンの仕組みを教えて……

女性ホルモンには2つの種類があります。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)
プロゲステロン(黄体ホルモン)

 

上記の2つがサイクルとなって分泌されます。

 

エストロゲンが分泌されると、生殖機能の成長が著しくなり、卵巣機能の向上、
子宮内膜を増やして、妊娠の準備を始めます。
反対に、プロゲステロンが分泌されると、子宮内膜をふかふかにし、
受精卵が着床しやすい状態を作ります。

 

この2つのホルモンバランスが、妊娠・出産には重要!

どんなことをしたらバランスが取れるの?

ストレスの影響を受けやすい女性ホルモン。
原因を考えて、リラックスした環境を整えることが必須。

 

具体的には、アロマオイルを焚いたり、湯船に使ってゆっくりしたり。
好きな音楽を聞き、自律神経を休めたり、睡眠を十分にとることも大切。
適度な運動を取り入れ、ライフスタイルを変化させることも、ストレス発散になるのでGood。

 

まとめ

今回のリサーチで、女性ホルモンが妊娠・出産に関して重要な成分であることがわかりました。
忙しい社会の中でホルモンバランスを維持するのは大変。
上手く仕事とプライベートの折り合いをつけて、ストレスを軽減させるように努力しましょう☆
美容と健康そのバランスを上手く整えるとGood!