恐怖の通信速度制限

LTE回線を使っていると、実は月7GBを越えると、すべてのユーザーが混乱なく、公平に通信できるようにするために、極端に通信が遅くなる、通信速度を制限する場合があります。

通信制限という恐怖のルールがあります。

インターネットの利用に制限が加えられ、難しくなり、速度がまったくでなくなります。

データ容量をたくさん消費する、データ量の多い動画閲覧や、データ量の多いダウンロードを積極的におこなうと、7GBをたちどころに、超えてしまい、制限にかかり、速度が遅くなります。

ゲームをしている時に、「通信中」と出たり、厄介にも「ダウンロード中」などと、やたらと表示される、ゲームには注意しましょうスマホは、私たちの生活にはなくてはならないものです。

重圧を受けることなく自然に、利用したいものです。

1ヶ月に利用OKな通信量を、いろいろな裏技を駆使して、通信制限の引っかかりを避けましょう。

それなのにそれに7GBも、受けた人にとって、直ぐに2GBなんて使い切ってしまうでしょう。

誰もが恐怖する通信制限に、コレを打破するには、まずはどのくらい速度が、すごく遅くなってしまうのか?あなたが気がかりなのは、確かめたいですよね。

そんな状況下に置かれた僕が、一生懸命になって捜した、通信速度制限の必勝対策方法を、大公開。

さてさて、128kbを説明しましょう。

言葉よりもまず、体験が自分の経験値になるので、身になります。

皆さん、ご承知のとおり、docomoやauは翌日1日に、通信の制限が解除されます。

ソフトバンクだけは、契約内容の、締め日により、通信解除の日が、すべてで、3種類あるんです。

外出時、ネットを使わないのであれば、自宅にいる限り、wihiを使うことによって、通信制限問題は、解決することでしょう。

決められたデータ量を超えると、速度が、明瞭に落ちてしまうでしょう。

実は、docomoとauは翌月1日に、通信制限が解除されるようになりました。

ソフトバンクは契約時の、締め日により、解除される日が、すべてで、3種類あるんです。

通信制限を受けた場合、極端に速度が出なくなります。

ほとんどの操作が遅くなります。

持ちろん、動画なんて見れません。

SNSの利用も沿うですが、ストレスになります。

ただガラクタになってしまうでしょう。

7GBを超えてしまうと、データを通信する速度は、はっきりと遅くなります。

生活の糧でもあるスマートフォン。

できるならば、ストレスを溜め込まずに利用したいですよね。

1ヶ月に使用出来ちゃう通信量を、お得な技を使って、有意義に節約しましょう。

通信制限を受けたことがありますか、まったく速度が出なくなるんです。

ほとんどの操作が遅くなります。

持ちろん、動画なんて見れません。

ツイッターやネットの閲覧も、ストレスになります。

ただガラクタになってしまうでしょう。

ネットサーフィンでも危険はたくさんあり、油断しないようにしてください。

特に、画像が多いサイトは、通信量が多くなる傾向があるので、写真メインのWEBサイトを、閲覧する時は、注意しなければなりません。

僕が行ったことは、2
625円の費用を携帯キャリアに、支払えば、サクサクと2GBまでなら、通常の速度で動かせます。

WEBページを見るだけなら大丈夫と、注意が必要です。

画像の数がたくさんあるサイトは、データ通信量が多く、写真メインのWEBサイトを、覗くときは、ちゃんと注意しましょう。

続きはこちら⇒ポケットwifiが安いと無制限は無理!?